C3FO12xUMAAAg9B
C3FO124VUAA4cQT
C3FO12-VYAIzn4p
C3FO12wUMAEgktY
C3FVo8aUYAAycuC
C3FVo8iUcAAW1kC
C3FVo8fUoAAPQbZ
C3FVo8tVMAAjtyH

 本郷柚巴 生誕祭


C3Fx5doVcAA_3PG
C3Fx5euUkAAvgfC
C3Fx5q8VMAE50Wy
C3Fx5v8VcAEcWcp
C3FyDSlVYAEDHhX
C3FyDWqVMAEuPCG
C3FyDh2VcAAUxKX
C3FyDc-VUAIdpDp
C3FyMpQVcAEf3oZ
C3FyMpDUoAAtfaz
C3FyMzuVMAE6tkT
C3FyM05UEAAt4Zh
C3FyXbuUEAAflOP
C3FyXb7UEAAPTvZ
C3FyXqzUEAAkqC0
C3FyXsiUcAELcOd
C3Fyh3QUYAE4qej
C3FyhznUkAEnYzS
C3FyiGCVUAATB3G
C3FyiBJUoAAclKw
C3Fy1Y2UoAAxvgu
C3Fy1fPUEAEXMjI
C3Fy1lhVUAAoPgq
C3Fy1r5UMAAr9ot
C3FzB6gUMAAGRoC
C3FzCA4UMAALKO6
C3FzCGpUkAEYJa1
C3FzCQLUkAAgOVt
C3FzMXTUMAIuPkK
C3FzMR8UkAQjqMb
C3FzMiYUkAANhVj
C3FzMaMVUAAV8sK
C3FzpGjUMAARp_z
C3FzpCXVYAA5gH3
C3FzpQ6VUAAwqEg
C3FzpQPVMAAqPU4
C3Fz_9xUkAEGrs_
C3Fz_4lVcAAEU3p
C3F0AE6UEAA14us
C3F0AJKUYAEPLkj
C3F0X23VcAEkdaG
C3F0X2QUEAAnBFv
C3F0YDxUkAEtfpD
C3F03iOUkAIwI1k
C3F03hKUcAAQG05
C3F034bUYAIdEXb
C3F030gUoAEJniG
C3F2vx_VMAA9mfS
C3F2v23VMAIjgvQ
C3F2wEyUkAADbre
C3F2v8fVUAE44K7
C3F4dM4UEAAc-3-
C3F4dRrVMAAzS-n
C3F4dWbVUAAIEiA
C3F4dfRUcAAXkZF
C3F4kJFUYAAewWY
C3F4kPPUYAAfbQ6
C3F4kT4VUAAx5yf
C3F4kfQUoAABinx
C3F4uChVUAA1p2-
C3F4uC3UoAANTys
C3F4uMeUcAEoOJf
C3F4uNqUoAAB_AY
C3F48qvVcAIDWCw
C3F48lgVcAAlwzY
C3F482VVYAA7Kbs
C3F48xAUoAEvZ43
C3F5CrXUYAEyZ7o
C3F5CrnUEAActro
C3F5C4GVYAAHwpF
C3F5C4eVYAI7QJW
C3F5ZukVcAAXElT
C3F5ZuSUMAAHOPw
C3F5Z6FVcAApLB4
C3F5Z8bUEAEpk7i

 本郷柚巴 生誕祭 手紙&本人コメント


金子剛
一般公開で共有しました - 21:28

26日(木)
研究生『届かなそうで届くもの』公演
本日は、本郷柚巴 14歳の生誕祭!!


セレモニー手紙は上西恵より (代読:小嶋花梨)
「ゆずに目をつけたのはきっと私が一番最初だと思います!キラ
ドラフト会議の資料をみて、最初にこの子可愛い!って思ったのがゆずでした。
初めてドラフト2期生のレッスンを凜々花と見に行った時、
ゆずは私と凜々花を凄く目を見開いて永遠に見てきて
(アピール力すげぇ………欲しい!)と思いました。
ドラフト会議当日も、こちら側からの質問タイムでなーみに質問したとき、
『えっ私じゃないの?』と今にも泣きだしそうな顔をしていたのを今でも覚えています。
無事に狙っていた ゆずは と なーみ を指名できて本当に良かった。
静かに涙を流すなーみの横で、『うわぁぁぁぁぁぁん』と大声で泣く柚巴。
2人とも愛おしくて仕方ありませんでした。
でも入ってからは大変だったね。
皆『可愛い可愛い』ってずっと言ってくれるわけじゃないし、
特にチームNのメンバーは指名した責任としても、しっかり厳しく指導させて頂きました。
でも弱音を吐かず、一生懸命ついてきて、偉かったね。
甘える時は甘えるけど、やらないといけない時はしっかりやる!
全てに全力!!!それがゆずの良い所だと思うよ。
あっチームMの『片思いの対角線』のバックダンサー、
リクアワで見た時よりも、ビックリするくらい成長してたよ。
あの時は緊張して、悔しさで泣いていたのに、
すっかり良い余裕感をもって、大人っぽく綺麗にもなってて、
ダンスも凄く丁寧になっていて、成長に感動しちゃった!
組閣後は、Nの研究生ということで、昇格できない悔しさに凄く泣いていたけれど、
研究生にしか学べないこと、経験できないこと、本当にたくさんあるんだよ。
それが何かをしっかり考えて理解して、これからも成長していってね。
Nでみんなが待ってるよ。」


続いての手紙は本郷のお姉様より(代読:溝川実来)
「ゆずがNMB48のオーディション受けるって言った時はまさかドラフトまで行って、
NMB48さんに指名をもらえるとは思ってなかった。
ゆずが選ばれた時は、うちもお母さんと見に来ていて、初めてゆずが綺麗な衣装を着て、歌って踊っているのを見て、お世辞じゃなくて、ゆずが一番輝いてたよ!!!
それで選ばれて車に乗って家に帰る時、ずっと彩さんの話してたな。話が終わったら、急に安心と疲れから寝たゆず。頑張っている姿を見て、凄いなって思ったし、尊敬もしたけど、正直寂しかった所もあった。
ゆずが家に帰ったら、明日のスケジュールとかNMB48での話が多くて、本当は話したいけど疲れてるかな?って思って遠慮してるの知ってた?笑
だからまた暇な時あったら話しかけてな。
ほんまにゆずはこの短期間ですごい成長したなって思った。成長のきっかけになった2016年の組閣の時もうちは、その場におらんくて、ゆずに何て言葉をかけて良いのか分からんかった。ごめんな。
でもその組閣から何日かたったらゆずは引きずらずに次に進もうとしていて、カッコイイって思った。
これからゆずのアイドル人生いろいろあると思うけど、ゆずなら頑張れるよ!!うちもゆずを支えられるように努力する。お互い自分の目標に走って行こう!」


本人コメント
「私は“アイドルになりたくてNMB48 のオーディションを受けた”という気持ちよりも、“NMB48の一員になりたい!”って思いが強かったです。
私の悔しいこととか楽しい事をファンの皆さまが一緒に共感してくれることを知っています。
旧チームNの時から、ライブツアーとかに参加させてもらって、先輩メンバーとも交流が増えました。
でも昨年のリクアワから、自分自身のポジションが後ろに下がったりしていて、自分自身に負けてしまっていることが多く、握手会でファンの方が一緒に泣いてくれたりして、本当にこの1年はファンの皆様に心配をかけてしまった1年だったと思います。
私は引きずることが嫌いです。引きずったままだといつまでたっても成長できないので気持ちを切り替えます。
公演前とかに鏡に向かって「一番に目立とう!」と思い、声に出して言ったりもします。
この世界悔しいことや辛いこともあるけど、楽しいことや嬉しい事がそれを全部忘れさせてくれます。選抜に入れなかったりして、立ち直れないかもしれないと思ったりもしたけど、ファンの皆が『ゆずなら絶対成功する』と言ってくれて、たくさんの勇気を貰いました。もし私が元気が無い時があったら、ファンの皆さん、私を怒ってください!そしたら柊ちゃんスマイルより以上の笑顔を届けたいと思います。これからは私が皆様へ元気を与えたいと思います!」


いつも全力、元気、笑顔100%な本郷。
研究生の中でも面倒見が良く、頼りにされているしっかりもの。
先輩メンバーの良い所をどんどん吸収して
目指せセンター!! 目指せエースの座!!

おめでとう~


本公演の日直は、本郷柚巴が担当しました!!


研究生「届かなそうで届くもの」公演へご来場くださった皆様、
生誕委員の皆様、誠にありがとうございました。

DSC07970
DSC07969
DSC07965
本郷

金子剛Google+




スポンサーリンク